So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ワインカクテル -ワインクーラー- [ワインカクテル]



日本国内では、出来合いのワインカクテルは、ほとんど無い為、余り知らない人が
多いのではないかと思います。


 その理由としては、やはり、ワインというものは、鮮度が命で、保管に関しては、
日本酒と似たような性質を持ち、

 空気と触れ合う部分の変化、温度の変化、振動の有無、光の変化により、酸化し、
劣化してしまいます。

 バキュバン製のエアーポンプ(下記図参照)を利用する事もありますが、
こういったワインが数本以上あるお店で、もしそれが数本なら良いのですが、
これが十数本になると、生半可な気持ちでは、品質管理は難しいのが常です。


 さて、そんな中でも、ワインクーラーという珍しいワインカクテルのレシピを
見つけたので、ご紹介します。
①白ワイン 60ml
②グレープフルーツジュース 1tps
③コワントロー 1ダッシュ
④セブンアップ 適量(ソーダにガムシロップを足す事で代用可)
⑤ライム、オレンジ、チェリー(飾りつけ)
これにクラッシュアイスを入れるという物です。

 余り見かけないかもしれませんが、ワインカクテルも、そこまで知名度が
低いわけではありません。お酒に明るい人ならば、知っている人も居て、
肯定的なイメージを持つ人、否定的なイメージを持つ人、様々でしょう。


 しかし、ワインの楽しみ方の幅が広がりますし、
クラッシュアイスを用いたカクテルなどは、今のような暑い時期には、
また格別のものとなるのでは、と思います。

 機会があれば、是非思い出して下さい。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

可愛いキャットボトル甘口ワイン  ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ [白・ドイツ]



白の甘口で、飲むときは非常に飲みやすく、飲み終わった後も、ボトルを
とっておきたくなるようなデザインのドイツワイン、カッツ。

 有名なワインでありますが、あくまでもワインなので、中身の入ったまま、
温度変化が激しかったり、振動が多かったり、直射日光の当たるようなところに
保存するのは、避けてください。

 ご家庭でしたら、セラーなどはないと思うので、長期保存する場合は、
例えば新聞紙などにくるみ、野菜庫に入れておくのが理想といえます。

 飲む直前になったら、通常の冷蔵庫に入れて冷やしてもらっても、
美味しく飲めるワインです。

 甘口が多いドイツワインで、有名な、ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ。
色々なボトルがありますが、今回のボトルは、名が体を現しているワインといえるでしょう。

 普段であれば、忌み嫌われる対象とされる黒猫ですが、これだけポピュラーに
なっているワインに、そのような意味もあるはずもなく、幸運の対象であると
されています。

 贈答用、ワインを楽しむ入り口としては、是非。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

上質なシャルドネ種を使ったワイン。ブルゴーニュマコネ プイィ フュイッセ [白・フランス]



シャルドネ種といえば、フランスはブルゴーニュ地方の発祥。
そのブドウは、小粒でありながらも、糖分と果汁をたっぷりと含んでおり、
最高級白ワインに使われており、シャブリ、モンラッシェなどが、代表ワインです。

今回の マコネ プイィ フュイッセと、噛みそうな名前のワインですが、
シャルドネ種が100%使われており、辛口の本格派ワインです。

 価格は5千円前後と、ワインの登竜門としては、最適価格。
価格の理由は、平均樹齢60年を越えるとされるブドウを使っている事からの、
納得の価格となっています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シラー種を使ったワイン シャプティエ コート・ロティ [赤・フランス]



フランスはコート・デュ・ローヌ地方より。
シャプティエ社の、点字が入ったラベルでもおなじみ。
高級ワインの一角。コート・ロティです。

シャプティエ社のコート・ロティは、シラー種100%で、モノ・セパージュです。
セパージュとは、フランス語でぶどうの品種を指す意味で、100%を、より強く
証明するものになります。

 シラー種を100%使っているので、シラー種を意識して、シラー種の良い所を、
しっかりと堪能してくださいね~と、言っているワインなんですね。

 ブラックベリーやスミレ、黒胡椒、オリーブの香りがある、力強さを感じるワイン。

ラベルに点字が打たれている事で、目が見えない方にも分かるよう、工夫がされています。
何故、点字を打ったのか、思いを馳せながら、1本8000円~12000円前後する
この高級ワインを、暑い日には、キンと冷やしたチーズをお供にマリアージュを!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

世界の三大貴腐ワインの一つ、トロッケンベーレンアウスレーゼ [貴腐ワイン]


三大貴腐ワインの中では、価格が最もリーズナブルになる、ドイツで造られた、
トロッケンベーレンアウスレーゼ。

 以前にも書いたのですが、この暑い季節には、こういう、甘い貴腐ワインを、ロックで
飲むのも、本来のワインの楽しみ方としては邪道かもしれませんが、美味しく感じるものです。

 まぁ、ワインというと、格式のあるもので、お堅いイメージがあるものでもありますが、
それゆえ、プレゼントしたり、お祝い事ではスパークリングワインが使われたりと、
贈答にも、便利なイメージがありますね。

 しかし、造った人のことを考えるなら、やはりおいしく飲んでもらいたい、という気持ち
から造ってると思われるので、飲む人が一番楽しめるのなら、それで良いのではないでしょうか?

 こちらのトロッケンベーレンアウスレーゼは、価格は、3千円前後。
高級ワインといわれる貴腐ワインで、しかも世界の三大貴腐ワインと名の知られているものと
しては、非常に安価、とも言えます。

 実際は、ワインの価格は、あってないような物で、希少性が上がる程、うなぎ登りになるもの
ですからね。

 三大ワインのほかの価格としては、フルボトル750mlを基準とすると、比較で見てみると、
とんでもない価格です。

フランスのソーテルヌのシャトー・ディケムが、約4万円。

ハンガリーのトカイのエッセンシアが、約5千円。

エッセンシアに関しては、ワインの価格で見ればそこまで高価ではないのかもしれませんが、
それでも、5千円は、自分には、ぽんと出せる価格ではありません。


 さて、国も名前も違うこの3大貴腐ワインですが、同じようなものなのでしょうか?

貴腐ワインとしてのメカニズムは勿論同じなのですが、産地の違いは、
酸とアルコール度数の違いを産みます。
 
 ドイツは涼しい気候なので、フランスのソーテルヌから比べると、ぶどうが熟成するのに、
より長い時間がかかります。
 長い時間がかかるという事は、リンゴ酸が減少しないで、その多くがのこります。

 それに加えて、ドイツではアルコール度数を上げずに途中の6~9度ほどで止めるので、
酸の影響もあり、ソーテルヌに比べると、非常に繊細さを感じます。


 ソーテルヌに関しては、酵母の限度いっぱいまで発酵させてアルコール度数を高くし、
新樽を使って発酵、熟成をするので、樽からでるポリフェノール類の渋みや、
ロースト香、バニラ香が加わって、ボリューム感が出ます。

 この点かドイツのトロッケンと、フランスのソーテルヌの違いです。


 では、ハンガリーのトカイの特徴は、というと。

長期の木樽熟成を行い、ワインを長く酸化熟成させる点にあります。
トカイの最高峰といわれたトカイ・アスーエッセンシアは、1994年からは法律で、
木樽の最低熟成期間が5年になりましたが、それ以前は、何と!最低10年という
期間が決められていました。

 長期熟成をさせると、かすかに紹興酒のような香りが混じります。

どの国でも、ワインに関しての法律を作ったり、厳しい基準を決めたりしていて、
ワインに関しては、国も動く、と考えると、単なるお酒 として済ますのは、
勿体無いような気もしますね。

 やはり、甘いワインとしては、数が多くある、ドイツ産のものがおすすめに感じます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サウスオーストラリア至高のワイン ペンフォールド カベルネ・シラーズ [赤・オーストラリア]


カベルネ・ソーヴィニヨン種とシラーズ種という葡萄から造られたワイン。

熟成する為に、アメリカ産の新樽と、グランジを用いた樽をミックスして使用しています。
エレガントなブーケのような芳醇な香りと、リッチな味のあるコクを醸し出す、長寿タイプのワイン。

 このワインが作られたサウスオーストラリアは、地中海に近いような気候で、
夏は暑く晴天が続き、冬は雨量も多く、ワイン用の葡萄栽培に適した気候です。

 サウスオーストラリア州には、ドイツ系移民の子孫の方が多く住んでおり、
その為、ヨーロッパ系の葡萄品種から、様々なタイプのワインが作られています。


 このペンフォールド社は、由緒ある会社で、
1844年にイギリスから移住してきた医師の、クリストファー・ローソン・ペンフォールドが、
アデレード近郊でワイン造りを始め、これがオーストラリアで最も古い歴史を誇る有名メーカーの、
始まりです。

 年に一度の特別な日に、最適なワインと言えるでしょう。

実勢価格は、1万円未満。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

イタリア産ワイン ヴァルポリチェッラ [赤・イタリア]


イタリアはヴェネト州より、辛口ワインのご紹介です。

このヴァルポリチェッラ、日本国内では余り、数が出回っていないようで、
ワイン大国であるイタリアの中では、代表的なビエモンテ州と並んで有名な
ヴェネト州が産地なだけに、もったいないような印象があります。

 著名であるという事は、それだけ、大衆に受け入れられやすいワインであり、
北イタリアでは、東部に位置します。

 ヴェネツィアのすぐ西にあるヴェネト州では、フルーティーで飲みやすい
ソアーヴェが造られる事でも、有名です。

 ヴァルポリチェッラは、繊細な味わいで、酸とアルコールのバランスが、
非常に良いです。

 お手軽な1000円以下ワインから脱却して、本格的なワインの手始めとしては、
1000円台のワインでは、イタリアを代表するヴァルポリチェラが、おすすめになります。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

取り扱いの多い楽天ワインランキング同道の第一位!シャンパンの定番、ヴーヴクリコ [スパークリング・シャンパーニュ]

世界中でも第6位に位置する、日本のシャンパンの輸入量。それだけ、シャンパンも一般的になっているという事ですね。そんな中、シャンパンと言えば、まずはこれ!な商品。ヴーヴクリコです。今回は並行輸入品と、正規輸入品の違いにも触れていきます。

 まず、シャンパンと、スパークリングワインの違いについて。
一般的に、炭酸系のワインの事を、シャンパンという人も居ますが、実際には、違いがあります。
シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインの事を言います。
つまり、イタリアで作られたり、ドイツで作られた発泡系のワインについては、スパークリングワインという名称になります。
 
 スパークリングワインというカテゴリがあって、その中に、シャンパンが位置するんですね。もちろん、価格は、より限定された地方であるシャンパンの方が高いのが一般的です。

 スパークリングワインの中にも、もちろん高級なものもあります。ワインを醸造して炭酸を加えるのが通常の製法ですが、手間のかかる分、通常のワインよりも割高になり、日本国内では、お祝い事に用いられます。日本のシャンパーニュ輸入量は、年間800万本以上です。
 ちなみに、日本酒の世界でも、このスパークリングの勢いは、衰える事を知りません。

ここでも、「日本酒のシャンパンです。」なんて書いているので、やはり一般的にシャンパーニュとスパークリングワインについての勘違いが定着してしまっているのが、伺えますね。

 折角、ワインという一大文化が日本に入ってきているのだから、その風土や事情をよく理解した上で、楽しみたいものです。

 さて、正規品と、並行輸入品の違いですが、基本的に、味を作り替える、という事はありません。
並行輸入と言いますと、正規品ではないの!?と思う人も居るかもしれませんが、醸造しているメーカーは、変わりません。輸入する人、個人であったり、現地や税関法律であったり、或いはメーカーが日本向けに(日本向けのみ、とは限りませんが)製造したりするものだったりする場合があります。

 中身が違うのか?という質問を見た事も聞いたこともありますが、中身を作り替える場合も、場合によってはあるそうですが、日本に入ってきている物で、正規品と並行輸入品の味や品質が違う、というものは現在では確認できていないそうです。

 実際、ヴーヴクリコ程の超がつくほどの有名なワインになると、並行輸入品でも、さほど値段は変わりませんからね。

 それにしても、本当にワインの世界は広いですね。近頃、地元でも有名なイベントを行うようになってきました。ワインを、日常的に楽しむ、特別な物ではなく、生活に取り入れる物になってもらえると、自分としてはうれしい限りです。ソムリエでもなんでもありませんが、以前は販売にかかわっていましたし、そのおかげで、お酒に関するイメージは、多少なりとも変わりましたね。

 相変わらず、会社での飲み会とか集まりは、好きではないんですけどね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ワインに使うぶどうについて、そのぶどうを使ったワイン [ワイン知識]

ワインになるぶどうは、食べるぶどうと同じなのかな?

日本では、ワインと言えば生食用が常識で、全ての国産ぶどうの内、95%が生食用、ワイン用はほんの少量です。
 国産ワインでは、サングリアが、とても甘く作られていて、それでいてワインの味もきちんとするので、初めて飲むには、ジュースとワインの間のような感覚で、とてもおすすめです。
サングリアというのは、ワインの果実漬け、シロップ付けのようなイメージで、勝手に作って、販売するのは、法律で禁止されています。
 安いものは、343円、なんていうのもあります。


 日本に比べ、ヨーロッパでは、ぶどう生産量のうち、何と約80%がワイン用!
ワイン文化の普及を物語っていますね。

 食べるぶどうからでも、ワインは作る事が出来ますが、どうしても水っぽいワインになってしまいます。これは、酸味が足りないから、といわれています。
 生食用は甘みが第一ですが、ワイン用のぶどうには、甘みと酸味が必要になってきます。

 酸味は、ワインを造るうえで、まろやか味とコクを出してくれます。
 ワインにする時は、ぶどうを細かく砕くので、皮の厚さや粒の大小は、関係ありません。
 他にも、香りの強すぎるぶどうは、ワインにはなりにくいです。
国産代表種では、マスカットベリーAが有名。


フランスは多すぎますが、やはりカベルネ・ソーヴィニヨンが代表品種と言えるでしょうか。




 ヨーロッパ種のぶどうが、ワインに最適とされております。
世界のぶどう品種は合計でおおよそ5万種もあり、そのうちワインに使われているぶどうは約四百種。そこから更に優良ワインといわれているのは50種ほどになります。

 ワインに使われるぶどうは、ヨーロッパ種とアメリカ種がありますが、アメリカ種のぶどうには、フォックスフレーバーといい、ぶどうジュースのような香りがするのですが、一般的にこういった香りは嫌われています。
 白ワインとしては、リースリング、シャルドネ、日本人なら甲州は抑えておきたいですね。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

国産人気スパークリングワイン ルミエール ペティヤン [スパークリング・その他]

国内でこんな本格的なラベルで、人気があるスパークリングワインがある事を初めて知りました!



表記の通り、山梨県は甲州ワイン。甲州といえば、国内でも有名な女性が営むワイナリーも有名ですね。
 やはりワインのブドウと言えば甲州。
春はとっくに過ぎて梅雨入りして初夏を感じる頃なのですが、最近ロゼワインに、心奪われますね。
ビールでも、焼酎でも、日本酒でも、ウイスキーでも出せない色なんだと思います。

 赤ワインと白ワインを混ぜることで、自然に出来た、ロゼワイン。
シャンパンというのは、フランスのシャンパーニュ地方で造られたワインにしか名づけられない為、国産ワインや、イタリア、スペインやドイツで作られる炭酸の入ったワインの事は、全てスパークリングワインといいますが、このワインは、正にシャンパンと呼んでも、一切引けを取らない味わいで、日本人好みになっています。
 泡のきめ細かさが重要で、きめ細かい程、上質であるとされていますが、こちらの甲州ルミエール ペティヤンは、非常にきめ細かい泡と、11度未満というアルコール濃度の低さから、日本酒として味わっても、遜色ないワインです。

 価格も3000円未満と、テーブルワインとまではいきませんが、これほどまで、国産でレベルの高いスパークリングワインがある事を、是非肌で、目で、鼻で、そして舌で味わって頂きたい逸品です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -